社員が思ったように動かない、資金繰りでいつも悩む、そんなご相談は大阪駅前のシーマ・ネットへ!

「資金調達が出来ない」中でもっとも多いのが、お金が無くなってから借入の申し込みをするパターンです。

例えば、「法人税を支払ったので当座の決済資金が不足する、急いで融資をお願いしたい」と法人税を支払ってから銀行に依頼するのと、法人税を支払う前に「納税資金と当座の決済資金の借入をお願いしたい。もちろん短期で返済できます」と資金繰表を添えて申し込むのとではどちらが借入しやすいでしょうか?

言うまでもなく後者ですよね。

では何故、後者なのかというと、それは事前に計画を立てているかいないか、これに尽きるのですね。

つまり、企業に計画性があるか否か、です。

後者は資金繰表を作成していて、いつ足りなくなりいつ返済できるかが明確になっています。

前者は行き当たりばったり経営です。

銀行に言わせると、納税資金なんて最初から分かっている筈じゃないか・・・となります。

これは、当たり前の話です。

 

前者の社長は銀行に断られてから慌てます。

自分の会社の状態(売上は落ちていないか、黒字基調なのか、赤字基調なのか。在庫が膨らんでいないか、利益率が落ちていないか、そして資金繰りなど)を常に把握していれば、前倒しに借入の申し出をすれば良いのです。

お金が無くなりそうになってから、融資の申し出は禁物です。

余裕を持って申し出をする、これが鉄則です。
驚くほど多くの社長がこのことを理解されていません。

理屈からするとおかしな話ですが、銀行というのは潤沢に資金のある会社にお金を貸したがり、お金の無いところには尻込みする、この特性は覚えておくべきですね。