社員が思ったように動かない、資金繰りでいつも悩む、そんなご相談は大阪駅前のシーマ・ネットへ!

どんな業種でも新規開拓をしないと経営が継続しません。

ピーター・F・ドラッガーも言ってます。

会社の目的は、顧客創造すること、と。

これは、誰でもわかっていることです。

ところが取引先の管理、会議、書類の整理、その他雑務をこなしていくと新規開拓の時間が無くなってきます。

どうしてこうなるかと言えば、優先順位を間違うからです。

一番大事な仕事は、新規のお客さんに出会う工作をすること。

その手段はいろいろありますが。

その工作をすることが営業なのです、それが本来の仕事です。

だから、新規先とうまく出会い取引ができたら後はすべて事務処理。

優先順位はその時点で1番ではなくなるのです。

まずは、新規工作する時間を中心に一日の行動を組み立てましょう。

時間が余ったら新規工作しよう、と考えると、新規営業なんてできません。