社員が思ったように動かない、資金繰りでいつも悩む、そんなご相談は大阪駅前のシーマ・ネットへ!

年末になってくると、世間では資金の動きが活発になってきます。

商売をしていると、この時期 相手に「支払いを待って欲しい」と言われることがあります。

このような場合は、「いいですよ!」と絶対に言ってはいけません。

ところが、今月も仕事を貰っているので、簡単にOKをしてしまう経営者が多いのです。

しかし、これは大変危険な行為です。

ひょっとすると過去の支払いだけでなく、今月の売上に対する支払いも待って欲しいとなる可能性がありますし、最悪全部回収できなくなることだってある訳です。

 

なので、「支払いを待って欲しい」と言われたら、どうして支払いが出来なくなったか、必ずその理由を聞いて下さい。

よくあるのが取引先が倒産して売掛金が回収できなくなったというケースですが、これは大抵の会社は、経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)に加入しているので、すぐに申請すれば1か月後くらいには、無担保・無利子で不良債権相当額を借入れることができます。

この場合は、待てば確実に回収できるので待ってあげれば良いですね。

ところが、中には倒産保険に入っているがなかなか保険がおりないので、おりるまで支払いを待って欲しいと言ってくる会社もあります。

このケースでは、何という会社が倒産したか、いつ倒産したか、売掛金はいくら引っかかったか、経営セーフティ共済の掛け金の残高はいくらあるのか、これを聞くだけで申し入れが嘘か本当かすぐわかります。

本当に引っかかった先は、すべて話してくれますし、共済金(保険金)が何ヶ月もおりないことはありません。

つまり、倒産したのが嘘か金額が僅少、あるいは共済(保険)には加入していないのどれかということになります。

嘘であれば多いのが売上不振で、固定費の支払い、その他仕入れの支払いなどをすると支払う資金がないので待って欲しいというケース。

それでも、まだ結構 嘘があります。

それは、支払いを待ってくれない先には普通に支払っているのです。

売上不振で赤字になり資金が足らなくなると、待ってくれるやさしい先に無理をいうことで収支尻を合わせているのです。

やさしい先は、売掛金がどんどん回収できなくなるので、それこそ不良債権が膨らむばかりです。

景気が悪くなると脇の甘い会社はこのようにして不良債権を抱える可能性が大きくなります。

売掛金が訳もなく回収できなくなってきたら、これ以上の出血を防ぐためにも商品の出荷をすぐに止めるか、現金取引に切り替えるべきです。

売上が減るのは困るなどと言ってると、その何倍もの損を後で被ることになります。

「支払いを待って欲しい」は、一度きりのことではなく、「危険の始まり」なのでくれぐれも初動が重要になってきます。