社員が思ったように動かない、資金繰りでいつも悩む、そんなご相談は大阪駅前のシーマ・ネットへ!

銀行から融資を受けていると、決算書や試算表の提出を求められますよね。

先日、ある社長からこんな話を聞きました。

 

銀行員:「社長、売上が落ちているので もう少し新規開拓に力をいれないといけませんね」

 

社長:「私も営業マンも必死で新規先は訪問しているんですよ。銀行の取引先を紹介して頂けると助かる のですが・・・」

 

銀行員:「銀行では個別に取引先を紹介することはやってないんです」

 

これを聞いてその社長は私に、「正木さん、本当に銀行はお客さんを紹介しないんですか?」

と聞いてきました。

 

答えは、「否」。

銀行は、お客さんを紹介しています。

では、この社長の場合、どうして紹介して貰えないか と言うと、

この社長の会社は現在リスケ(元金の返済猶予)先であるから、だと思われます。

 

銀行は取引先を紹介する際、紹介する会社、紹介される会社双方の財務内容を把握していますので、双方共にある程度の水準でないと、銀行の信用に関わります。

つまり、その紹介で取引先にトラブルが起こることを銀行は嫌うのです。

トラブルとは何かというと、相手先が倒産することです。

勿論、倒産しない企業なんて誰にもわかりませんが、紹介して1年や2年で倒産されたら目も当てられません。

だから、企業体力が落ちている取引先は紹介して貰いにくくなるのですね。

 

そのくせ銀行員は、「社長、どこかいい取引先を紹介してくださいよ!」と平気な顔で言ってくるものですから なんか、複雑な気持ちになりますよね。