先日こんな事がありました。

ある会社で資金繰りが悪い上、財務内容も良くないので、しばしリスケ(借入金の元金の返済猶予)を金融機関にお願いしてはどうですか?と私が申し上げました。
すると、経営者は「それでは、経営改善計画を作って頂けますか?」と仰るので、毎日の仕事も忙しいので私が作り上げました。
そして、金融機関に提出する前に売上計画、原価、固定費など数字の根拠となる考え方、今後の行動計画についてきっちり説明しました。
経営者が経営計画の意味を理解しないと正に「絵に描いた餅」となるからです。
そして、各金融機関に書類を提出したのですが、金融機関の担当者からの質問に経営者が全く答えられないのです。
難しい言葉を使う必要は無く、この会社をどういう風にしていきたいか、自分の言葉で説明すれば良いのに、「この計画書はコンサルタントに聞かないとわからない」といった返事をしたらしく、正に経営者のやる気の無さを露呈した事件でした。
これは、最も避けなければいけないことです。
やる気も誠意も伝わりません。

経営改善計画なんて、社長なら誰でも作った経験がある、というものではありません。
なので会計事務所やコンサルタント事務所が作ることが多いのも事実です。

しかし、大事なことは、その内容の大筋を社長が理解していることそしてそれに向かって会社の舵を切っていく決意があることです。

要はその経営改善計画を誰が実行していくか、なのです。
(勿論、コンサルタントではありません)

このポイントさえ押さえておけば、誰が作ったものであっても金融機関からクレームは出ません。
考えてみれば当たり前のことですよね。
人からお金を借りていて、その返済が約束したようにいかなくなった。
この場合、普通「なぜそうなったかこれからどうしていくか遅れても必ず返すから」って誰でも自分から相手に伝えますよね。
全くこれと同じです。

この事例では、自分から相手に伝えられていない、ところが問題なのです。
いつやるの?  
今でしょ!
っていうのが流行りましたが、これと同じです。
誰がやるの?
僕でしょ!(コンサルタントじゃないでしょ!)

ここは是非ともおさえておきたいところです!