先日のある会社の会議でのことです。
1年の事業計画を立てたのですが、1ヶ月、2ヶ月経つと、実績と計画に違いが出てきました。
売上が予定より減少、しかし原価はそれ以上に減少し、売上総利益つまり粗利益はほぼ計画通りとなっていました。
しかし・・・です。
固定費つまり経費が毎月どんどん増えてきたのです。

私は声を大にして言いました。

そもそも「利益は外にあり中は経費(費用)ばかりなのですよ!」
つまり、経費の予算が達成できなければ、予定通り売上を上げたって、全体の利益目標達成は出来ないのです。
そんなことにならないように計画を立てる時に予算措置をするわけです。
何が絶対必要な経費で何がカットできる経費なのか、この仕分けを誤ると、経費が予算以上に増加することになります。
売上を上げることだけではなく、適正なコストを把握することも企業継続の上では非常に大切なことですね。