中小企業が銀行からお金を借りる時、まず銀行が提案してくるのは、保証協会保証付き融資です。

これは、銀行が無担保でお金を貸すと回収が出来ないかもしれないリスクを100%抱えることになるので、保証協会に保証をして貰う制度です。

この制度により、通常、銀行は保証協会が、保証してくれた債務者に対して融資額の80%は、担保がある状態になります。

例えば、1000万円融資をする場合、保証協会の保証が取れたら、800万円は保証して貰えるので、残りの200万円だけリスクをとればいいことになります。

銀行としては、この制度によって、グッと融資がしやすくなります。

その代り債務者は、保証協会に保証料を払わなければなりません。

この制度は確かに財務基盤の脆弱な中小企業に融資をおりやすくするという意味では、有効であることに違いありません。

しかし、盲点があります。

それは、別に保証協会の保証が無くても貸すことのできる企業に対しても、銀行は保証協会保証付き融資で対応していることが多々あるという事実です。

債務者である社長は、そんなこともわからずに、いや正確に言うと知らされずにお金を借りているのです。

私は、今まで資金繰り相談に来られたお客様で、財務内容を精査すると、どうして保証協会枠一杯まで使ってるのだろう?と思ったことが何度もありました。

自分の会社がどういう評価をされているか分からないのは無理もありませんが、もし保証協会以外でお金が借りられるなら・・・と思われたら一度弊社までご相談ください。