社員が思ったように動かない、資金繰りでいつも悩む、そんなご相談は大阪駅前のシーマ・ネットへ!

『経営者の話をじっくり聞きます』

経営者の多くが孤独を感じています。

会社の事は、誰にでも相談できる事ではないからです。

身近な家族や社員に話したら不安にさせてしまうのではないか・・・

また取引先にも話せることと話せないことがあります。

会計事務所の方は、数字を把握しているので業績が悪ければ「売上をあげないといけませんね」くらいは言ってくれても、具体的に何をどうするといったことはほとんど言わないのではないでしょうか。

弊社は、経営者と向き合い、「経営者の話をじっくり聞きます」

どうしたらもっと利益が出るか、どうしたらもっと資金繰りが回るか、どうしたらもっと社員が思うように動いてくれるか、今後会社をどのようにしていくか、について一緒に考えて参ります。

中小企業では、経営者が一人で経営判断をしているケースをよく見かけますが、その理由の一つとして信頼できるナンバー2がいないことがあげられます。ナンバー2のいない会社、育っていない会社には、ナンバー2のアウトソーシングをお勧めします。何故かといえば、経営者は相談相手が出来ることで、より早く物事を決断できるようになりますし、余った時間をもっと有効に使うことが出来るようになるからです。また、アウトソーシングすることでナンバー2を雇い入れるのと比べ経費を格段に抑えることも可能です。

弊社では、経営者と徹底的に経営方針について意見交換をし方針が固まれば、次に社員を入れた会議を行います。

特に社員に対しては、立場の違いからくる危機感のズレ(恐らく経営者の大きなストレスの一つ)を弊社が通訳となって矯正していきます。(下打合せに沿った経営者会議の運営)

 

「変わらないと残れない」

 

最近多い相談事例は次のようなものです。

「黒字は黒字だけれど、売上が毎年減っていくのでこのままでは、そのうち利益が出なくなる

「うちの会社も考えていかないと先行きが非常に不安だ・・・」

「今は利益が出ているし資金繰りも問題ないが、今後の事を考えると今何をやるべきなのか・・・」

「赤字体質でどんどん借金が膨らんでいくが何から手をつけたら良いかわからない

会計事務所の方は、わが社の経営を理解してくれていない

「銀行担当者もコロコロ変わるので、借入の仕方が本当に正しいのかよくわからない

 

そして、現状のままでは ~どんどんジリ貧になっていく~ これを何とかしたい経営者は沢山います。

では、どうして『ジリ貧』になっていくのでしょうか?

 

それは『自社を取り巻く経営環境が変わっているのに変化対応ができていないから』です。

 

例えば一般的に考えられる環境変化として次のようなことがあります。

顧客ニーズの変化    格差社会      市場の成熟      技術革新         

少子高齢化       為替変動      過疎化(人口減少)  規制緩和          

デフレ経済       IoT社会        経済の低成長     団塊世代の定年       

環境汚染問題      コンプライアンス社会      東日本大震災         エネルギー問題      

インバウンド需要    立地環境の変化   ボーダーレス社会    2020年東京オリンピック開催

 

このような変化に対応できなければ、売上も利益もどんどん落ちていきます。

毎日、同じことばかりやっていてはいけないのです。

いくら頭でわかっていても行動が変わらなければ、結果は変わらないのです

結果を変えたいなら、行動を変えましょう

 

弊社では、過去の決算書や試算表を分析し、自社の置かれている環境の調査と合わせて

今後の打ち手を経営者、幹部、社員と共に考えていく仕組み作りを致します。

そのために経営者会議システム」を導入し、メリハリのある会議を行ない決定事項の実践をフォローします。

(経営者会議参加実績年間120回以上)

まずは弊社と経営者の2人で経営の方向性を確認しながら会議の下打合せを行います。その後、経営者会議は、幹部クラスで行うか、営業社員まで入れるかを決めて頂きます。小規模な会社では全体会議となっているところもあります。基本的に目標意識の高揚と実行力アップを図るための定例会議で社内での位置付けは最高位の会議とし安易な欠席は認めません。

 

経営者会議の必要性

今や企業経営は社長一人で考えて行うものではありませんし、だんだん出来なくなりつつあります。
そこで、管理職、営業職を交えて定期的に行う「経営者会議」が経営の拠り所となります。

 

特に「経営環境変化への対応」は若い職員の感覚・意見が不可欠となってきます。
中小企業が弱いのは会議です。
目的を明確にした会議を行なえば、結果は自ずと変わってきます。

 

また一方で「経営者会議」は、「納期」にコミットします。「納期」は、お客様に商品を届ける期限だけではなく、自分が掲げた目標に対する結果にも「納期」があります。
この「納期」を管理できないと営業成績は上がりません。
「経営者会議」では、この「納期」を管理する仕組みを作り上げます。
PDCAサイクル
そのために会議で最も重要視するのは、PDCAサイクルを完全に回すことです。
つまり、Plan(計画の立案)、Do(計画の実行)、Check(実施成果の検証)、Action(プロセスの改善)これを徹底的に行います。

一般的に中小企業では、約80%くらいの企業が経営計画を立てます。しかし、それが実行できているのは、その中の半分くらいです。(40%)そして、成果の検証を行っている企業はまたその半分くらい(20%)、検証の後にプロセスの改善まで行っている企業は、またその半分くらい(10%)です。
結局、PDCAサイクルをきちんと回している企業は10%程度しかありません。
逆に、PDCAサイクルが回りだすと業務改善が進む為、業績は勿論、作業効率も上がり組織が活性化してきます。
そんな「経営者会議」を導入し、企業体質を変えていきましょう。

 

会議参加者の生の声

アンケート結果

10社からの回答ですが、できる限り内容の違う回答抜粋すると以下のようになりました。それぞれの立場で考え方に変化がでていることがよくわかります。また、税理士事務所の方からの回答興味深いですね。

アンケート内容 :「会議」に参加して良かった点、気付いた点は何でしょうか?

アンケート回答者 :経営者 / 役員・幹部 / 営業社員 / 税理士 / 税理士(会計)事務所の担当者

 

<経営者>

  • 毎月の売上げ数字を見ながら、皆で話をする事は無かった。又、それをする事でどのような変化が現れるか??は想像もできない事でした。ご提案いただき感謝しております。
  • 私から話にくい事柄や、スタッフが気になる事も、本会議では共有できるのでありがたい。
  • 私自身が営業出身で数字には弱いので、試算表の正しい見方やそこからの計画の作り方など勉強になります
  • スタッフの”利益確保”に対する考えが変化し、言動に表れるようになった
  • 当社の役員が全員兄弟なので、第三者が入ることで兄弟喧嘩が減った点が良かった。他の役員も経営者感覚がアップした。それぞれのやらないといけない仕事が明確になった。
  • 通常話す機会の乏しい幹部に、若しくは弊社の場合財務にも金融にも知識が乏しいため社としての方針を決定するのに非常に有益と考えます。
  • 各自の考え方を掴めた
  • 数字目標が明確化した。
  • みんなの士気が上がり方向性が見えた

 

<役員・幹部>

  • 今までは、与えられた仕事を日々こなすだけの毎日を過ごしていました。会議に出席するようになり、自発的に考えて行動できるようになりました。
  • 積極的に問題点を見つけ、解決へ向けた意見を出せるようになった。
  • 「人が命」の我々の仕事ですが、以前は経営者と従業員はどうしても交わる事はないと決め付けていた事が多く、人間関係がうまくいかずに悩み事も多かったですが、それぞれの立場に立った物の考え方が少しづつできるようになり、コミニュケーションもとりやすくなりました
  • 従業員とのコミュニケーションがとれるようになった
  • 管理面がスムースになった。
  • 月ベースでのみんなの動きがわかってきた
  • 他社の参考情報及び知識や方法が得られ、会社のレベルが上がった

 

<営業社員>

  • 自分の仕事に対しての取り組み方が変わった
  • 会社としての方向性が定まり、社員のまとまりがでてきた。
  • 会議で月の報告を簡潔に話すようになり、人前でしゃべる時の構成しっかりしてきた。
  • 新しい意見や、情報の共有ができる。
  • この会議以外に、全体会議や、個々のミーティングが増えた。
  • 会社の数字を知れるところ。(売上)
  • 会社全体で、意見が共有できているところ。
  • 定期的に行われることで会社としてのリズムが生まれる。
  • 発表の場があることで、不安を取り除く場でもあること。
  • 客観的な意見、経営的な話が聞けるところ。立場や役職に関係なくこういった話に参加できていることは、大変良い経験になると思います。(正木さんのお話など)
  • 会社としての売り、弱点など認識できるところ。
  • 売上を数値化することで、売上を意識し一つ一つの行動に計画性が身に付く。(先の事を考えて行動出来る。)
  • 他の方の意見を聞けることで、自分以外の色々な考え方があると気付きました。
  • 会社の基盤ができていないのだなと感じます。そういうことも認識するとしないとでは、行動に差がでると感じます。(会社のあり方を気付けた)
  • 粗利益率(粗利率)を考えることの重要さがよくわかりました。(売上の数字も大事なのですが、粗利率によって利益がだいぶ違ってくる)
  • ビハインドがあっても、それなら今後どうして行けばよいか、個々の出来る範囲でやれることをみんなで考え、プラス思考の展望が見える、希望が作れる会議だといつも思います。
  • 毎月「もっと頑張ろう」と元気が出てきます。
  • 正木先生に作成いただいた「取引先資料」を参照すると、その時は気がつかずにただ捌いていったような仕事もあとで振り返ることができ、今後の改善目標方向が出てきます。
  • 少人数の会社なので、各々がいかにコミュニケーションを取り合って効率よく仕事の分担ができるかどうかも、数字に影響してくるのではと思いました。
  • 売上数字に対する意識が出来た事、それに加えて目標達成について責任意識も出て来た事。
  • 日頃の活動見える様になって来た事。(今迄は各自が好き勝手に営業をしていた様に思う)
  • 問題を共有し、解決策を話し合う様になった。
  • 会社全体で販売項目が整理でき、情報の共有もはかれた事。
  • 常に他のスタッフが何をしているか、どんな情報をもっているかなど聞く耳が出来て来ている。
  • 全体的に営業としての自覚、売上に対する責任が増して来たことが成果だと思います。
  • 今までは自分が関わっている一部の事しか考えていなかったが、全体像を知る事で、より効率よく仕事ができる様になりました。
  • 人、それぞれ考え方が違うので意見交換新しい考え方を発見させてくれる。
  • 第3者の方が入ってくれた会議の方が意見がでやすい(第3者の方がヒントを出してくれる)
  • 会社の経営に直接関わっているという実感がわいた。
  • 課題や問題点を皆で共有できた。
  • 普段の仕事を進める上でも、社内のコミュニケーションスムーズになった。
  • 他の人(部署)の仕事を多少なりとも理解できた。
  • 社外の方の客観的な意見を拝聴できた。

 

<税理士>

  • 社長の考え、性格がよくわかるようになり対処しやすくなる
  • 第三者的立場で会議に出席しているので社長と幹部との間の潤滑油になることができる
  • 会社と関係のない人が参加しているため、馴れ合いにならず緊張感のある会議になる。
  • せっかく決まったことが、忙しいことを理由に実行されない事が中小企業ではよくあるが、前月の振り返りを行うことによって確実に実行させ、PDCAサイクルをチェックできる
  • 社長からだけの一方的な意見を聞くのでなく、幹部や社員の考えも聞くことにより、会社の問題点や改善点を俯瞰的に見ることができる
  • 税理士の立場からの考え(税金)に偏らずに、コンサルタントの考え、銀行側はどうみてるか、などの意見を聞くことにより、自分自身がバランスよく成長できる
  • 会社の問題点、改善点を前もって対処することで会社のリスク回避ができる
  • 毎回会っているので、会社以外の個人的な事まで相談されるようになり、より親密なコミュニケーションをとることができるようになる
  • 最初はうまくいかなくても続けていくうちに社長、幹部社員の考えがいつの間にか変化しており人間的にすごく成長しているのを、目の当りにすることができることが私自身楽しいし、少なからず自分も成長していると感じる
  • 自分自身この経営者会議に参加して気付きが多く、コンサルティング能力が上がった。また事務所スタッフのコンサルティング能力も格段に上がり事務所としても正木さんに感謝している。

 

<税理士(会計)事務所の担当者>

  • 今までは会社役員の方としか話をしなかったが、従業員の方とも話せて会社をより理解することができる
  • 役員、従業員の温度差を知ることができ、修正ポイントを探りやすい
  • 毎月全員で確認することで、異常点の修正が早くできるようになる
  • 数字だけでなく、本当の経営の中に入り込むことができる
  • 会議に参加すると、会社に対する興味が全然違う
  • みなさんと話すことで、何気ないことでも話せるようになり、仕事を紹介してくれることもある
  • 判断を的確にできるようになる
  • 自分自身の考え方、話し方が変わった人前で話せるようになった
  • 従業員さんも参加することで、会社が一つになる可能性が高くなる
  • 社長が現状を把握せざるを得ず、行動するスピードが速くなる
  • 金融機関の考え方を知ることができる

 

料金表

資金繰り相談・経営相談 (初回1時間は無料)
(弊社においでいただける方) 60分  10,800円(延長30分単位)
(訪問をご希望の方)     60分  21,600円(延長30分単位、交通費別途要)
※問題解決に向けた取組みを行う場合は、費用別途要(金額は事案ごとに相談)

 

顧問契約 (基本1年契約・更新可)
月 54,000円(売上規模2億円程度)/ 1社 より (企業規模により料金は応相談)
弊社より訪問(経営者会議)最低月1回、来社相談・メール・電話による打合せ無制限
お薦め⇒「お試し期間」制度あり。お試しとして3ヵ月の顧問契約を結びコンサルテーション内容を体験・確認の上、ご納得頂ければ基本契約へ。